スマホ雑学

格安SIMの種類とおすすめ

格安スマホ

auから格安スマホへ

auの機種を利用したまま格安スマホ化することもできます。
利用中のスマホ機能はほぼそのままで通信速度もほとんど問題ないまま、利用料金を大幅に下げることができる方法なので、大手キャリアならではのサービスに特にこだわりがないのであれば、とてもお勧めです。

auから格安SIMへの乗り換え方法は

現在auで契約中の方が格安スマホ化するには、まずMNP予約番号を得る必要があります。
これは他社への乗り換えに絶対必要な番号で、格安スマホ化に限らずauからドコモに乗り換えるといった場合にも同じく必要になります。
この番号はauショップで対応していますが、電話やネットからも可能なのでそう煩わしいことではありません。
MNP番号が得られたら、その番号を使って格安SIMを提供している会社に連絡して購入します。
同時にスマホ機種も購入できますが、auのスマホ機種をそのまま利用するので購入はSIMカードだけで大丈夫です。
数日するとSIMカードが届くので、書類の手順に従ってスマホにSIMカードを挿入、設定して即日から利用できるようになります。

格安SIMを提供する会社と対応SIMカードは

au、ドコモ、それぞれに格安SIMを提供する会社があり、会社によってはauに対応していないところもあるので気を付けましょう。
詳しくは、au向けの格安SIMの評判等を調べてください。
どんな会社にどんなメリットがあり、料金にどれくらい違いがあるかがか分かるので、迷ったときの判断材料にしやすいでしょう。
会社が選べても機種によって対応SIMカードは異なります。
まずは自分の機種の型式等をよく調べて把握しておきましょう。
そしたら各社が提供しているSIMカードに対応しているかを調べ、間違いなく該当しているかを確認してください。
動作確認がされていない機種では格安スマホ化できない恐れがあります。

格安SIMに乗り換えるベストタイミングは

au、ドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアには、基本的には2年に1度の頻度でスマホを買い替えないと損をするともいえる2年縛りがあります。
購入後2年のタイミング以外で機種を買えてしまうと、解約にお金がかかってしまうのです。
これは格安スマホに変える場合も例外ではありませんので、解約金を避けたければ現在利用しているauの機種の契約が2年過ぎるのを待つのがベストタイミングです。
しかし格安スマホ化してしまえば毎月の利用料金がau時の半額以下になるのがほとんどなので、解約金がかかったとしても数か月で損は帳消しになります。
なので、あまり解約金の有無にこだわることもないでしょう。

-格安スマホ