スマホ雑学

格安SIMの種類とおすすめ

格安スマホ

格安スマホとは?特徴について

大手キャリアが販売する端末を格安スマホにすることもできますが、手っ取り早く格安スマホを利用するには、格安スマホ端末を購入するのが一番です。
そこで気になるのが、大手キャリアの端末と格安スマホの端末の違いです。
格安スマホにはどんな特徴があるのかを考えてみましょう。

格安スマホの端末価格はピンキリ

格安ということで端末も大手キャリアのそれと比べれば格安とイメージしがちですが、価格は端末によって大きく異なります。
安い端末であれば1万円前後と非常にリーズナブルです。
2~3万円、4~5万円台の端末も販売されており、価格が上がるに比例して性能や機能が充実し、デザインもこだわりが見られるようになります。
安い端末でも性能や機能にこだわらなければ問題なく利用できます。
安いから壊れやすいという心配もありません。
価格重視で基本機能さえ利用できれば問題ないという方であれば、1万円前後の端末でも十分でしょう。
価格が上の端末でも、キャンペーン等で割引されることもあるので、タイミングを見計らえば安く購入できます。
支払いも大手キャリアの端末購入と同じように分割できます。

安くても性能も信頼も十分な格安スマホ端末

リーズナブルな格安スマホ端末は台湾や中国といった海外製で社名の知名度もあまり浸透していないところが目立ちますが、いずれも高性能なモデルを生産している信頼性の高いメーカーがほとんどです。
格安スマホの端末だから粗悪品、という心配はいりません。
もちろん、海外製だけでなくドコモやauといった大手キャリアに端末を提供している京セラのような日本企業も格安スマホ用端末を手掛けています。
端末性能については端末価格によって変化します。
UPU性能、カメラ機能、バッテリー容量の3点を比べればある程度の性能の差を比べることができます。
デザインは好みが分かれるので、高ければ優れているとは言えません。
ただ、耐久性については価格が低いほど、落としたりぶつけたりといった衝撃に弱いかもしれません。

格安スマホ端末の向き不向き

格安スマホの端末だからといって壊れやすい、アプリが作動しないといった重大な欠点はありません。
シンプルにスマホを利用している方であれば、格安スマホに向いています。
スマホでゲームや動画を楽しむのが日常というヘビーユーザーでも、グレードの高い端末を選べば格安スマホ端末だからと不満を感じることはないでしょう。
ドコモやauの提供する端末、またはAppleのiPhoneのように特定のデザイン端末にこだわりがあるという方は、格安スマホ端末は向いてないかもしれません。
そんな場合は、端末を別途用意して格安SIMのみ契約すると良いでしょう。

-格安スマホ