スマホ雑学

格安SIMの種類とおすすめ

従来は大手キャリアと契約してスマホを利用していましたが、今では格安SIMの利用者が増えました。
その理由はなんといっても格安スマホと呼ばれるくらいの料金の安さです。
しかし一口に格安スマホといっても種類がいくつかあり違いもあります。
しっかり比較ポイントを把握して、自分に合った格安スマホを選ばなくてはいけません。

基本は端末とSIMカードのセットプラン

スマホは端末とそれに挿入するSIMカードが揃って利用できます。
大手キャリアで契約するように、格安スマホを提供する会社でも端末とSIMカードをセットしており、これに申込むのが一番早く、トラブルもなく格安スマホをはじめられます。
端末の支払いは一括と分割が選べ、端末の種類も豊富なので金額、機能で自由に選ぶことができ、大手キャリアでのスマホ選びと変わりありません。
簡単に格安スマホをはじめられるセットプランですが、大手キャリアが販売する有名端末ほどバリエーションは豊富ではないのがデメリットです。
auやドコモなどの端末を格安スマホ化したい場合は、後述するプランをおすすめします。

大手キャリアの端末を格安スマホ化

格安スマホはauやドコモの端末、iPhoneのような有名端末を利用することもできます。
これは使用したい端末を前もって自分で用意しておき、格安SIMのみを契約し、端末とSIMカードを組み合わることで、格安スマホ化します。
端末は中古購入しても良いですし、大手キャリアを利用していた方であれば契約を解除し、手元に残った端末をそのまま利用しても大丈夫です。
この方法のメリットは端末を自由に選べる点ですが、適切なSIMカードを選択しなくては動作しませんし、稀に何らかの原因が起こって正常に動かないこともあります。
端末とSIMカードを別々で用意する場合は、ある程度設定方法を自分で把握してから契約しましょう。

格安SIMカードを提供する会社の違い

格安SIMカードを提供する会社は複数あり、ご自分で選ぶ必要があります。
会社によって契約プランや料金設定は違いますが、いずれを選んでも料金的には大手キャリアから比べると半額以下の格安です。
通信範囲や速度に関してもいずれも不満となるレベルではありませんが、こだわる方はプラン同士をよく比較してから決めましょう。
auやドコモなどの大手キャリア端末を利用しての格安スマホ化の場合は契約会社が限定されるので注意してください。
また会社は適切でもSIMカードサイズや動作不確認の端末では機能しません。
よくご確認の上、契約しましょう。